ルワンダのムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトを訪問して

ルワンダのムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトを訪問して

読んだらあしあとをつけましょう!

{{count}}

PAPER編集部
PAPER編集部

Quliiが支援させていただいている、学校の先生によるイベント開催特別記事です!第2弾は共催している山口先生!

ルワンダのムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトを訪れた山口さんは、どんなことを学んだのでしょうか?


昨年の8月、東京、埼玉、千葉の教員9人で、ルワンダへ行きました。ルワンダでは、多くの場所を視察しました。その中で、私が一番、行ってみたかったのは、ワンラブランドでした。それは、私は中学3年生を担当していたのですが、光村図書の中学3年生の教科書の中で「希望の義足」というムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトのルダシングワ真美さんの題材があったからです。ルワンダへ行く前に、NHK「プロジェクトX~挑戦者たち~」を視聴したり、真美さんの今までの活動をインターネットや本で調べたりしました。是非、真美さんに会い、話を聞いて、工房の見学もさせていただき、その体験を生かした授業にしたいと思っていました。

 待ちに待った訪問日。ワンラブランドは、首都のキガリにあり、障害者の方が行きやすい場所にありました。敷地内には、ゲストハウス、レストラン、クラブハウス、工房があり、とても広々としていました。その場所は、政府が与えてくれたようなのですが、一から自分たちで作っていったということだったので、これだけのものにするのは、どれだけ大変だっただろうと感じました。中には、緑がたくさんあり、とてもきれいに管理してありました。

 真美さんに実際に話をお聞きし、自分の決めたことを実行していく芯の強さ、ガテラさん(旦那さん)への深い愛、障害を負った方々へなんとか役にたってあげたいという強い思いが感じられました。私たちから、たくさん質問をさせていただきました。どの言葉も、真美さんの人間らしさが伝わってきて、気がつけば一生懸命メモをとっていました。その中で、特に心に残ったことを2つ書きます。

質問:「来年、東京オリンピック・パラリンピックが行われますが、真美さんにとってスポーツとは何ですか?」

答え:「義足を提供することは、物質的にはその人の生活が向上することにはなるが、『心』ということを考えたときに、足をなくした人を勇気づけたい。以前に義足を作りに来た人の中に自殺をしてしまった人がいた。『心』を支えるのはむずかしい。スポーツは、そういう人々の心の支えになると思う。ルワンダの人々が自分で機会を見つけるのは、むずかしいが、こちらが紹介すると、目を輝かせて挑戦し、生き生きと生活することができる」

真美さんは、物質的に義足や杖、車いすを提供するだけではなく、その人々の心に寄り添い、「希望を持って生きてほしい」「心を勇気づけたい」という気持ちがあることが伝わってきました。

質問:「日本の子供たちへメッセージをお願いします」

答え:「やりたいと思ったことをまずはやってみればいいんじゃない。結果的にうまくいったら一番良いが、うまくいかなかったとしても、そこから学ぶべきことはたくさんあると思う」

実際に、このインタビューの映像を中学生に見せたところ、「今までいろいろな困難を乗り越えてきた真美さんの言葉だからこそ、自分も勇気が出てきた」「自分は、いつも挑戦する前にあきらめるけど、あきらめずにやってみたい」などの感想がありました。そして、私自身、「もっと堂々と色々なことに挑戦したい」という気持ちになりました。

 次に、工房を案内していただきました。その日は、休日で働いている人はいなかったのですが、真美さんが機械の説明もしてくれました。日本にあるような機械はないので、近隣の国から持ってきた業務用のオーブンや掃除機などで代用したり、工具を大切に使えるように、壁に掛ける形にしたりして、たくさんの工夫が見られました。説明している真美さんはとても生き生きとしていて、工房への愛が感じられました。

 このようにたくさんの人に愛されてきたワンラブランドでしたが、今年の2月1日に政府の強制撤去が入り、建物を壊され、退去を強いられました。このことを私はFACEBOOKで知り、真美さんやガテラさん、ルワンダの人々のことを思うと何とも言えない悲しい気持ちになりました。

 ワンラブランドの訪問を通して「自分たちだけが知ったのではもったいない。真美さんの活動を一人でも多くの人々に知ってほしい」と感じました。

 今回、キュリー株式会社の方が主催してくださり、真美さんの講演会をオンラインで実施できることになり、うれしい気持ちでいっぱいです。是非、一人でも多くの人々に参加していただき、一緒に学びたいと思います。

ガテラさんの次なる夢は、競技自転車でパラリンピックに出場することだそうです!

【文責: 山口 三依子】

((前回の記事もぜひご覧ください))
Vol.1 「私と真美さんの出会い」

((ワンラブ応援イベントの紹介))

オンライン学習会「ルダシングワ真美さんとともに考える未来 ~自分が一番輝ける道はなんだろう?~ 」
日時:6月27日(土) 19:00~21:00(~21:15交流会)
対象:小学生~大人
料金:学生チケット 無料(小中高大学生)
   大人チケット 1000円~3000円(寄付)
☆集まったお金はすべて義肢製作所ワンラブに寄付いたします
定員:先着100名
場所:Zoom

イベントページはこちら

読んだらあしあとをつけましょう!

{{getCount}}

PAPER編集部
PAPER編集部

PAPERの中の人たちです。中の人はQuliiも運営しています。 何かご相談やご意見があればこちらへ: お問い合わせ (特にこんな記事読みたい!こんな記事書きたい!という要望大歓迎です!)